ハンドクリームを使った手湿疹の治し方

ハンドクリームを使った手湿疹の治し方

手湿疹はあらゆる原因が絡まりあって起こる厄介な手指の病気ですが、
既に手湿疹を患ってしまった状態の手指というのは、ちょっとした刺激であっても
症状が悪化してしまう恐れがありますので十分に注意をする必要があります。

 

それでは、手湿疹になってしまった時にはどのようなケアや治療をしていけば良いのでしょうか。
まずは手湿疹が起こってしまったら、それ以降は極力外からの刺激を受けてしまわないように手指を保護するようにしましょう。
特に手湿疹が起こる原因にもなる洗剤やシャンプー、野菜やお湯、紙などは素手で直接触らないように気を付けてください。

 

できれば普段から綿製の手袋を着用するようにしましょう。
また、手間はかかりますが、水に触れる時には綿手袋の上からビニールの手袋を被せて着けましょう。
また、綿手袋が汚れたり湿ったりしていると手湿疹が悪化する恐れがありますので、
そのような状態になったらすぐに新しいものに取り替えてください。
こまめに洗濯をして、いつも清潔な状態に保つようにしましょう。

 

次に、手湿疹を治すために欠かす事ができないのがハンドケアです。
手湿疹を患っている手指というのは、皮膚のバリア機能が低下しているので、
手指を保護すると同時にハンドクリームなどの保湿剤を使って常に肌に潤いを与えるようにしましょう。
それだけ乾燥は手湿疹になってしまった手指にとって大敵なのです。

 

手指が乾燥すると些細な刺激にとても敏感になり、もの凄くかゆくなってしまいます。
ですから、ハンドクリームを手指が乾いてしまわないように頻繁に塗るようにしてください。
その上で綿手袋を着用すれば効果がさらに高まります。
ハンドケアについてはそれほど神経質になる必要はありません。
家事や仕事を終えて落ち着いた時に行えば良いです。
ただし、入浴したての肌は角層が膨張しており、潤いを浸透させやすい状態になっているので
ぜひこのタイミングだけは忘れずにハンドクリームを塗ってください。
また、手があまりにも乾燥している時には、手を蒸しタオルなどを使って一旦湿らせてからハンドクリームを塗ると効果抜群です。
ぜひ試してみてください。

 

ハンドクリームにはいくつか種類があるのですが、人によっては合うものと合わないものもありますので注意してください。
ハンドクリームの種類としては、白色ワセリン、尿素、ヘパリン類似物質やビタミンA・E、グリセリンなどが挙げられます。
中でもワセリンとグリセリンはひび割れやあかぎれに効果があるとされています。
市販されているハンドクリームには潤い効果のある成分だけでなく、
炎症やかゆみを抑えて皮膚の血行を促進するビタミンEを配合しているタイプのものが多いようです。
いずれのハンドクリームを使う場合でも、手湿疹の治療はすぐには終わりませんので、
刺激が少なく、自分の肌に合ったものを選ぶようにしましょう。
それぞれ質感にも違いがありますから、長く使えそうなものを見つけてくださいね。